明治屋醤油

お問い合わせ

100年前からずっと変わらぬ製法で造っています。

明治屋醤油の歴史

始まりは、明治時代。大きな山を一歩一歩登り続ける醤油屋のあゆみ

明治屋醤油は、明治8年創業の醤油醸造所です。初代、野末萬吉から数えると、現社長 野末一宏が5代目となり、戦争や度重なる不況など時代の荒波を乗り越え、創業から100年余り続いてきました。 明治屋醤油のある浜北小松周辺は昔から農業が盛んで、醤油の原料となる大豆や小麦も穫れる豊かな土地でした。また、赤石山脈の伏流水の地下水が流れており、醤油造りに適していたため最盛期では、周辺に11軒程の醤油屋が点在していました。地下水は今でも豊富で、これを井戸で汲み上げ醤油造りに使用しています。

そして、明治16年には「明治屋醤油店」と命名され、醤油の販売を本格的に開始しました。そして、3代目 野末里平が「明治屋商事株式会社」さらに「明治屋醤油株式会社」と改名し、高嶺ソースの販売を開始。ソースの販売に尽力しました。とんかつソースをはじめとしてウスター、中濃と3種類のソースを作りました。この頃は戦後の洋食ブームだったこともあり、やままん醤油よりも高嶺ソースの方が有名な時期もあったほどの力の入れようでした。事務所に保管してある新聞や雑誌の広告からも当時の勢いが偲ばれます。そして現在では、明治屋醤油といえば「やままん醤油」と「高嶺ソース」という二枚看板を掲げるようになっていったのです。

創業当時に付けられた「やままん醤油」の「やままん」は江戸時代の屋号文化が色濃く残されています。江戸時代に生まれた萬吉にとっては、ごく当たり前の名付けだったのでしょう。「やままん」は、倉庫業や味噌・醤油の醸造所によく付けられていた「八(やま)」という記号と創業者である萬吉の「萬(万)」を組み合わせて出来た屋号です。そして、「八(やま)」は、他よりも高いことを表しており、「商売によって家が発展しその頂点を極めたい」という願いが込められているようです。一方、「高嶺ソース」の名付け親は、3代目 里平ですが、こちらも「高嶺」は山の頂上を意味しており、高みの頂点を目指す意味でこの名前を付けたと伝えられています。一見、「やままん」と「高嶺」には、関連性がないようですが、創業者の萬吉と里平には共通する想いがあったようです。

そして、四代目 野末政成の代では、もう一度醤油造りを見直す時期に入ります。平成5年に「政成自然農園」を設立し、茶大豆の栽培を始めました。無農薬・無化学肥料にこだわって手間ひまかけて大切に育て、それを醤油の原料に使用しています。その後、小麦の栽培も始め、100%地元産原料の「蔵出し」を発売しました。
平成9年には、工場に隣接した直売店を開設し、これまで卸が主流だったところ、小売業にも注力するようになりました。

現在は、五代目 野末一宏が、引き継ぎ。平成21年より味噌の製造・販売を開始しました。野末家で昔から手作りしていた味噌の味を基本として若い世代にも好まれる味噌を研究し、製品化を実現しています。その他にも浜納豆や麹、そして醤油のアイスクリームなど、新しい商品の開発を精力的に行っています。さらに、今後は六代目となる将平が醤油造りの修行をする傍ら、自然搾りで抽出した「しずく」など五代目と一緒に新らたな商品を考案しています。そして、味噌造り体験や醤油搾り体験などイベントを企画し、今の明治屋醤油を盛り立てています。平成25年には、七代目も誕生し、今後は家族一丸となって益々の努力を重ねて参ります。

●高嶺ソースをアピールする広告の数々

醤油づくりについて

明治屋醤油の醤油は、昔ながらの天然醸造です

夏の暑さも冬の寒さもそのまま、もろみに伝え、もろみが四季を感じて熟成するのを待つ昔ながらの天然醸造を行っています。通常、大手メーカーなどでは、温度管理をするため、約半年の熟成期間で出荷しますが、私たちは、1年半もしくは3年間の熟成期間を持たせます。熟成期間を長くすることで、コクと旨味を引き出すのです。そうすることで、『少し「しょんばい」けど、「コク」がある』昔ながらの味を守っています。
明治屋醤油の造る醤油は、主に「こいくちしょうゆ」です。「こいくち」は、日本の醤油消費量の約80%を占める醤油であり、つけ、かけ、煮物料理に適しています。つまり、食卓にも調味料としてもお使いいただける万能醤油です。特に、かけ醤油としては「蔵出し醤油」と「しずく」をおすすめしています。「蔵出し醤油」は、自然農法栽培の大豆と小麦を原料にして三年ねかしているので、自然のトロ味とコクがあります。そして、「しずく」はもろみの重さだけで搾るので、大豆のえぐみがなくスッキリとした味わいの澄んだ醤油です。

私たちがこれからも守っていきたいこと

明治屋醤油の理念は、「受け継がれてきた業と心で物語を造る」としています。創業明治8年からの変わることのない業と心意気で本物の味を造り続けること。そして、日本食の脇役である醤油を通して日本の食文化の素晴らしさを伝承していけたらと思っております。
  最近では、ファストフードや食の欧米化によって、日本人の食卓から醤油が消えつつある現状があります。しかし、その一方で日本食が見直されてもいます。親が子に日本食文化を伝える際に、明治屋醤油の醤油が欠かせない存在であること。この事を目標に、さらに安全で美味しい醤油を造り続けたいと思っております。そして、家族の食卓の思い出の中に「変わらぬ懐かしさ」と共にいつまでもみなさまの記憶の中に留まることを願っております。

Copyright© Meijiyashouyu.,Ltd All rights reserved.

ページの先頭へ